>>>>>店舗での売れ筋をチェック!

「私がフェミニンに目覚める時」Ikumi Matsuki

LANVIN en BleuNEW FEMININE Ikumi Matsuki

「私がフェミニンに目覚める時」

Vol.3Ikumi Matsuki

Automne Hiver 2020/21

NEW FEMININE

フレッシュな魅力を放ちながら、
今という時代を軽やかに生きる女性たちが、
LANVIN en Bleuに出会ったら……?
3回目のゲストは、ヴィンテージが大好きと語る
モデルの松木育未さん。
少女のようなあどけなさに、意思のあるまなざし、
時折見せるビッグスマイルはまるで花が咲いたよう。
今回は、そんな松木さんのムードを生かして
フレンチなイメージでスタイリング。

Check Meets Romantic Mana Takase

Miss Lady Monotone

Miss Lady Monotone

モノトーンで新クラシカル

着るだけでドレスアップが叶うデザインワンピースは、LANVIN en Bleuが得意とするアイテムのひとつ。フリル襟をアシンメトリーに配置した「ほどよい違和感」と、モノトーンだからこそのモダンさで、今までのクラシカルとは一線を画す一枚が完成。

  • Be Handsome Lady
  • レディライクの新解釈
Stylish Gray

Stylish Gray

Stylish Gray

知的なグレーで甘く華やぐ

強さと優しさ、そのどちらの魅力も持っている色・グレー。パフスリーブやフリル、フィット&フレアのシルエットなど、可愛らしさを随所にを仕込んだツーピースも、グレーの知的さを借りことで、さらりと使いやすい甘さへと着地。

  • Stylish Gray 2
  • Stylish Gray 3
Stylish Gray 3
Stylish Gray 3
Brown and a little Blue

Brown and a little Blue 2

Brown and a little Blue

「ブラウンがち」にブルーの差し色

ブラウンとブルーは相性抜群。ブラウンを重ねた秋色のコーデに、スカートに配したブルーが心地いい差し色として効果を発揮。ツヤやかなドットのボウタイブラウスは、スカートにボトムインしてふんわりとしたシルエットを描くように。

  • Brown and a little Blue 3
  • Brown and a little Blue 4
  • Brown and a little Blue 3
  • Brown and a little Blue 3
Classical with Leopard

Classical with Leopard 2

Pink loves Black

スウィートなピンクは黒とともに

素直に可愛いベビーピンクのショートコートは、共布のマフラーがセット。マフラーの巻き方を工夫して、ボリューム感を楽しみながら着こなしたい一枚。コートの袖をまくって、中のボーダーを覗かせたのもポイント。色的にもシルエット的にもメリハリが出て◎。

  • Conscious Knit Dress 2
    • Conscious Knit Dress 3
    • Conscious Knit Dress 3
Classical with Leopard
    • Conscious Knit Dress 2
    • Conscious Knit Dress 2
  • Conscious Knit Dress 3

Classical with Leopard 2

Brilliant Skirt

ドラマティックなスカートを選ぶ日

華やかでいて品格もあるスカートには、イタリアの老舗メーカーの生地を採用。ハリのある生地感が立体感も生み、クラス感が味わえるスペシャルな一枚。スカート以外は「モードな黒」で統一して、フェミニンなスカートスタイルにエッジを効かせて。

Interview with
Ikumi Matsuki

「私がフェミニンに目覚める時」

Try New Material 3

Interview with
Ikumi Matsuki

「私がフェミニンに目覚める時」

Vol.3松木育未

1997年4月4日生まれ、京都府出身。モデル。見る人の心を浄化する柔らかく可憐な佇まいで、雑誌を中心に、CM、カタログなどで大活躍中。趣味はカメラとお散歩。都内のヴィンテージショップも時間の許す限りチェックするというおしゃれさん。

  • Q.1モデルになったきっかけを
    教えてください。

    a 16歳の時に見に行った関西コレクションで、今のマネージャーさんが声をかけてくれたのがきっかけです。最初は全然やる気がなかったんですけど、「一度でいいから来て欲しい!」と熱心に誘ってくださって。その後訪れた東京でモデルというお仕事の魅力を知り、始めることを決意しました。身長が高く、カラダも細いことがコンプレックスでもあったのですが、それを活かせるのなら挑戦してみたいなって思って。

  • Q.2普段はどんなスタイリングを
    楽しんでいますか?

    a ブラウスなどの甘いトップスにデニムを合わせるのが好きで、よくお買い物に行くのは駒場にある「KIARIS vintage&closet」。ヴィンテージが大好きで、持っている洋服はほとんどがヴィンテージ。時の流れや味わいを感じるクタクタっとした服に惹かれます。ロングスカートもはくけれど、キレイになりすぎないスタイリングを心がけています。ベーシックな色の服が多いです。

  • Q.3こどもの頃と今とで
    好きなものは変わった?

    a 好きな雰囲気はあまり変わっていない気がします。お母さんがおしゃれな人で、いつも可愛い洋服を着せてもらっていたんです。その頃からヴィンテージにも触れていて。それで自分も自然と好きになりました。昔からTシャツはあまり着なくて、ブラウスばかり。袖がぽわんとなっていたり、セーラーカラーだったり、デザインが面白いものが好き。

  • Q.4最近出会った
    お気に入りのアイテムは?

    a 普段、お仕事以外ではまったくメイクしていなかったんですけど、「rihka」のコスメに出会ってからメイクの楽しさに気付きました。ニュアンスのあるカラーがすごく素敵で、私はアイポリッシュを愛用しています。「coussinet」っていう猫ちゃんの肉球をイメージした色です。すっぴんにつけても可愛いし、目元にもチークにも使えるから、お出かけする時は持ち歩くようになりました。つけるだけで気分がふわっと上がるから。

  • Q.5ここぞ!という時に着る
    とっておきの洋服はありますか?

    a 「oz.vintage」に初めて行った時に一目惚れして買ったワンピースです。パキスタンのヴィンテージものなんですが、足元まで隠れるくらいのロング丈で、ピンクと黄色の花柄。着るとすごく華やかな気持ちになります。ドレスアップしたい時は、派手な柄のヴィンテージワンピをさらっと一枚で着るのが私の定番。

  • Q.6気持ちよく暮らすために
    心がけていることは?

    a お花を飾ること。おしゃれなご夫婦が経営されている、お気に入りのお花屋さんがあるんです。小さなお店で、珍しいお花が置いてあって、外観も可愛くて。お二人のお話を聞く時間も、いつも本当に楽しくて。あとは、よく笑うこと。私自身、笑顔が可愛い人が好きで、笑顔を見ると嬉しくなるので。いつでも自然に笑える自分でいたいと思って、無理せずゆっくりマイペースに暮らしています(笑)。