>>>>>店舗での売れ筋をチェック!

「私がフェミニンに目覚める時」 Mana Takase

LANVIN en BleuNEW FEMININE

「私がフェミニンに目覚める時」

Automne Hiver 2020/21

Vol.1Mana Takase

NEW FEMININE

フレッシュな魅力を放ちながら
今という時代を軽やかに生きる女性たちが、
LANVIN en Bleuに出会ったら……?
初回のゲストは、端正なお顔立ちと柔らかな佇まいの
ギャップが魅力のモデル・高瀬真奈さん。
フリルやレースといった甘いディテールに
彼女らしい知的さを添えた、
新しい着こなしを見せてくれました。

Check Meets Romantic Mana Takase

Check Meets Romantic Mana Takase 1

Check Meets Romantic

甘く優しいチェックに委ねる

アシンメトリーなデザインに、たっぷりのフリルを施したボウタイドレス。チェックが甘さを抑え、甘いディテールがチェックに清楚な魅力を加味。肌をさらさらとなでるような軽い素材感は、ボディラインを優しくフチ取り、着心地も上々。

  • Check Meets Romantic Mana Takase 2
  • Check Meets Romantic Mana Takase 3
  • Check Meets Romantic Mana Takase 4 Check Meets Romantic Mana Takase 4color
Beautiful See-through Mana Takase

Beautiful See-through Mana Takase 2

Beautiful See-through

華やかな色と、透明感と

旬のグリーンとイエローを用いたカラーonカラーのコーディネート。オーガンジーブラウスの透け感が、色の華やかさを残したまま繊細さを加えて理想の女性像に。脇までタックを入れることで生まれた大胆なパフスリーブも素敵。

  • Beautiful See-through Mana Takase 2
  • Beautiful See-throughMana Takase 3
Beige and Pale pink Mana Takase bg Beige and Pale pink Mana Takase bg
Beige and Pale pink Mana Takase

Beige and Pale pink Mana Takase 2

Beige and Pale pink

ベージュトーンの色香に託して

ベージュ+ペールピンクの、ヌーディなカラーリングで女っぽさを表現。かっちりとした印象の千鳥格子のジャケットにはレース襟がデコレーション、フレアスカートはボンディング素材。異素材をMIXすることで、甘さの中に奥行きと深みを。

  • Beige and Pale pink Mana Takase 2
  • Beige and Pale pink Takase 3
Conscious Knit Dress Mana Takase

Conscious Knit Dress Mana Takase 2

Conscious Knit Dress

メリハリの効くニットドレス

LANVIN en Bleu が得意とする、しっとりニット×プリーツのカラーブロッキングドレス。ウエスト位置を高く、ボディを華奢に見せるデザインは今シーズンも健在。さりげないパフスリーブでトレンド要素もプラスして。

  • Conscious Knit Dress 2
  • Conscious Knit Dress 3 Conscious Knit Dress 3
  • Conscious Knit Dress 4
  • Conscious Knit Dress 2
Try New Material Mana Takase Try New Material Mana Takase

Try New Material Mana Takase 2

Try New Material

「新しい質感」を味方に

ボリューミーなナイロンキルティングのフレアスカートで、フェミニンなだけじゃない、時代の気分を宿したスタイルが完成。カーディガンはボトムインして、スカートと襟が際立つようスタリイング。

  • Try New Material 2 Try New Material 2
  • Try New Material 3

Interview with
Mana Takase

「私がフェミニンに目覚める時」

Try New Material 3

Interview with
Mana Takase

「私がフェミニンに目覚める時」

Vol.1高瀬真奈

1999年9月15日生まれ。山梨県甲府市出身。モデル。凛と透明感あふれるヴィジュアルが注目を集め、雑誌、広告等で幅広く活躍。陶芸やカメラ、DIYを趣味とするクリエイティブな一面も魅力。環境活動やオーガニックコスメの理念に共感し、ただいま絶賛勉強中。

  • Q.1普段のファッションの傾向を
    教えてください。

    a a すごくボーイッシュな時もあれば、フェミニンで繊細な装いの日も。シチュエーションで服を決めることが多いのですが、イベントごとがある日は「4」で着たようなフィット&フレアのワンピースが定番。裾に動きの出るデザインのものが好きです。大切な日は、エレガントな自分でいたいから。

  • Q.2フェミニンな服が似合う自分に
    気がついたのはいつ?

    a 小さい頃は父の影響もあってデニムばかり。女性らしい服にはまったく関心がなかったんです。でも18歳でこの仕事を始めた時、自分の可能性を確かめてみたくなったんですよね。で、着る服もいろいろトライする中で、「フェミニンな自分、結構いいかも」って(笑)。新しい扉が開けた感じがして嬉しかったですね。ずっと同じところにいた自分を感じていたので。

  • Q.3特別な日に身につけたい
    アイテムはありますか?

    a メイクをする時は、目元をゴールドパールで囲むと決めています。CHANELのアイシャドウを愛用中なのですが、目元に光が集まって、よりエレガントな自分になれると感じていて。香水も普段使いのものとは別のものを使います。ウィーナーブルートのエクス ヴォートという、教会を思わせる少し重厚な香り。どちらも、いつもと違う自分を楽しむための決まり事。特別な気持ちになるためのスイッチです。

  • Q.4コロナ禍の今、ポジティブな
    マインドをどうキープしている?

    a 気持ちをフラットに、客観的に自分を見る時間を大切にしたくて陶芸をしています。陶芸は作品に精神状態がそのまま表れるので、“今の自分”を目で確認できるのがいいんです。ウクレレ、乗馬、カメラも好き。今は特にSNSやメディアからのインプットばかりなので、趣味に気持ちをぶつけてアウトプットしている感じ。趣味が多くて、休みの日が忙しいです(笑)。

  • Q.5考え方や生き方の参考にしている
    映画やドラマがもしあれば。

    a 『ル・ポールのドラァグレース』が大好き。私のフェミニンの価値観はそこから得ているくらい。彼女たちが性別を超えて持ち合わせているフェミニティや意識の高さにハッとさせられます。私が1人の女性として感じたいことはなんだろう、自分ともっと向き合わないとって、大いに影響されていますね(笑)。

  • Q.6自分自身をどんな人間だと
    感じていますか?

    a 好奇心が旺盛で、苦手なものにあえて飛び込むタイプ。新しい何かが起きるかもしれないと思うと気になっちゃって(笑)。なんにでも興味を持つし、なんでも食べます(笑)。だから、メイクしかりファッションしかり、選択肢が多いという点では、女性として感じられる幸せもたくさんあるのかなと感じています。自分を表現する幅が広いのは、この上ない楽しみだから!